忍者ブログ
エスプレッソ・ラテアートを中心に、その他諸々。 のんびりマイペースにやってきます
[266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [258]  [259]  [257]  [256
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ffba0cd1.jpg















this is itを観てまいりました。
世代が違うので特別ファンだということはないですが、間違いなく一時代を築いた人間の最期の姿は見ておこうかと。

僕の世代で音楽にさして興味がないとマイケルの印象といえば"king of pop"というよりゴシップキングのイメージになっていました。
もちろんスリラーは知っていたけど、真面目に映像を見たことなかったし。
だけど亡くなってから急に特番などで取り立たされるようになって、あぁやっぱりすごい人なんだなぁと。

最初は映画は見る気なかったんですけど、テレビでスリラーの映像やbeat itの歌声を聞いて圧倒されました。
その後you tubeでジャクソン5の頃から最近までの映像を見たんですが、よく通る声と切れのいいダンス、今見ても鮮烈な印象を受けました。
やっぱムーンウォークはすごいよね。

で、アンコール公開をしているうちに映画を見たんですが、驚かされたのはマイケルのマネージメントとスタッフへの配慮の部分。
編集もあるでしょうし多少美化されるところはあるかもしれないけど、一人で細かなところまで指示してコンサートを作り上げ、かつ謙虚な姿勢で対応しているのはゴシップのイメージとは程遠いもので、エンターテイナーとしての彼の姿がそこにあります。

幼児虐待疑惑やら、整形疑惑やら、実際の真偽はともかくとして、全盛期を過ぎて以降はゴシップばかり目につきましたが、もしそういった騒ぎがなければずっと一線で活動し続けていたんじゃないかなぁと。
そう考えるとメディアの力は怖いですね。

映画というよりDVD特典のようなドキュメンタリー作品でしたが、今だからこそ観るべき作品かもしれません。
全盛期の頃がどのくらいだったのか体験していたかったですね。
僕のようにマイケル・ジャクソンのアーティストとしての姿を知らない世代の方は是非。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
とと
性別:
男性
最新コメント
[05/24 KENVAW]
[03/19 タオバオ日本]
[10/12 tiffany cufflinks]
[02/03 とと]
[02/01 芸者ハンター]
フリーエリア
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]