忍者ブログ
エスプレッソ・ラテアートを中心に、その他諸々。 のんびりマイペースにやってきます
[274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


pitcher.jpg




















タイトルはミルクピッチャーにしてますが、別に大したことはありません。
ちょっと現状のメモ書きを。

最近ピッチャーは主に左のupdateのミルクピッチャー(12oz)を使っています。
これは初めて買ったのと同じタイプで、他のピッチャーを買ったんで知り合いにあげたんですが、結局買いなおしました。
右のは以前紹介したハンズ購入のオリビア、他にデロンギのピッチャーとupdateの20ozのものがあります。

デロンギはかなりステンレスがしっかりしていたんですがどうにも重くて使いづらく、しばらくして元のオリビアを使い出したらデロンギを使った影響か、うまく使えなくて迷走した揚句updateに戻ってきた感じです。
オリビアはupdateよりも注ぎ口がややとがり気味でその影響でうまくいかないかと思って封印してたんですが、最近久しぶりに使ってみたら特に問題なく使用できました。
6cb2ff08.jpg




















今日のはこんな感じ。
まぁミルクが粗いけど、まずまずかな。

で、何が原因でupdateの方がうまくいったのか考えてみると一つはスチーミングの向上、もう一つは注ぎ方。
スチーミングは横回転での渦ができやすいポイントをつかめてきた。
ただどうしても粗さが出てしまうんでまだまだ改善の余地はあるんだけど。
注ぎ方は、前はカップの取っ手をもって右肘を少し畳んで胸の中央で注いでたんですが、今はカップの底を手のひらで持って、右肘はあまり畳まず上げるようにしてやや左寄りで注いでます。
うーん、言葉にするとわかりづらい。まぁメモも兼ねてるからまずは言葉で。
そのうち撮れたら映像でも。
あ、ピッチャーの取っ手も今はグーで握る感じです。

注ぎ方は澤田洋史バリスタが一番影響してるかな。
僕はもうちょっと高いところで注いでますけど、いちばん近いのでこちらの感じかも。
しかし、こうやって見るとミルクの質感が段違いですよねー。コントラストも完璧。
一度澤田さんのを飲んでみたい。

ピッチャーに依存する部分は大きいけど、それ以上にスチーミングと注ぎ方の影響は大きいと感じる今日この頃でした。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
とと
性別:
男性
最新コメント
[05/24 KENVAW]
[03/19 タオバオ日本]
[10/12 tiffany cufflinks]
[02/03 とと]
[02/01 芸者ハンター]
フリーエリア
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]