忍者ブログ
エスプレッソ・ラテアートを中心に、その他諸々。 のんびりマイペースにやってきます
[61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

KG_100_rocky_160508.JPG



























グラインダー。言わずとしれたコーヒー豆を挽く機械。
美味しいエスプレッソを飲みつづけるなら必須といっていいでしょう。

左はdelonghi製のKG-100、右がrancilio製のrocky。いずれもこのクラス的には非常にメジャーなマシン。
KG-100は廃盤となって今は別の後継機が出ています。

rockyは個人輸入代行JISAさんを利用して購入いたしました。
こちらは手数料+αでかかりますが、英語に不安がる方にはおすすめです。
僕はトラブル時の対応などが怖いので依頼しました。
到着した商品に問題があった場合も、手数料を払えば解決していただけるようです。
他は使用したことないですが、やや休みが多いという不満はあるものの、対応もよくレスポンスも早いので満足です。

ロッキーはやはり多少値は張りますが、性能的には文句無しです。使い勝手はKG-100のほうが上な所もありますが。音も静か。ただ掃除がしにくいかな。
ドライバーが必要と言うこともあり、確実に頻度は落ちてします。

この上とかになるとやはりmazzerとかになってきますが、そこまでは必要ないかなぁ。
kenさんのドサーレスのタイプは心惹かれますが

さてKG-100なんですが、この度嫁に行く事になりました。
エスプレッソ用には挽ききれないことも度々で、ドリップ用にしてもわずかですがrockyに劣る。出番がないわけです。まぁドリップ用としてはほとんど差がないんですが,どうしてもそのわずかな差でrockyを選んでしまいます。
え、ドリップ用にちゃんとしたの買えって?いやー、まぁそのうち…誰かナイスカットミル下さい。

で、先輩にdelonghiのマシンを持っている方がいるので、せっかくなら貰っていただこうと。
硬い豆じゃなきゃ問題ないですし。

てなわけで、汚れたまんまでは渡せないのでぴかぴかにお掃除。
のこりわずかなGRINDZも使って内部の清掃もぬかりなし。

うう、お世話になりまくったぜ・・・あ、ドリップ用にゼロ点調整解除してたんだ!
あげるなら設定しなおさないとね♪

カバーをバキッ→カチカチ→カキ?…をや?
壊れたか!?
とりあえずセットしてみて・・・・おやおや?

えー、
直りました。

いつもより少し向こうへホッパーが回る・・・えっと、もしかしてなんか引っかかってただけで実はまだまだいけますと。
なんてこったいorz

あげるの惜しいが…男に二言はないのだorz

まぁ、せっかくあげるんなら性能がいいほうがいいよねorz

そーですよねー。僕ぐらいの頻度で歯が磨耗するには早すぎますよね。
おかしいとおもった。

どうせあってもお部屋の肥しの予備機になるだけ。
ここは阪神・赤星の予備のような存在だった赤松のように活躍の場を移して頂いて華麗に働いていただきましょう!

大事にしてくれそうな先輩ですし、早速使って満足していただけたようです。
また一人珈琲ピープルが増えただけでもよしとしましょう!
先輩のステキな笑顔も見れたし良かった良かった。

しかしKG-100は改めて考えると素晴らしい名機でした。
僕は1万ちょっとで買えたので、コストパフォーマンスも素晴らしい。
rocky(送料・代行手数料込み)の1/4の値段ですよ。
結局清掃後に試してみたら、ヴォアラのケニアは細かくなりすぎてしまいました。
やっぱすげぇ。
新天地でこれからもがんばっておくれー。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
KG-100とRocky
その“差”がどういったものなのか、
気になりますね。差し支えなければ教えてください~

ウチのKG-100は3年目ですが、
ゼロ点調整もせず、最近記事にもあげたような、
バッチリ、メッシュの合ったショットが落ちています。
どの程度つめるか、というところを、
適正にやってあげれば、全然優秀なグラインダーですね、KG-100は。
フレンチプレス~エスプレッソまで、使えるグラインダーってそうそうないですよね。

とかなんとか言いながら、
夏にグラインダー導入計画していたり、します。
雨宮 URL 2008/05/20(Tue)02:09:05 編集
何が重要か・・
まぁ。ドリップ用はドリップ用のミルの開発経験の長いメーカーが
刃の信頼性あるでしょうね。マルケニッヒとかディッティングとか。
逆に、エスプレッソ挽きにはエスプレッソ用ミルのメーカーが善いかなと思います。

家庭ユースではKG-100で問題なく、私も7年間ほどゼロ点調整無しで使用しておりました。
ドーシング、レベリングの調整でノーマルKG-100で"問題は無い"と思います。
そして、"問題は無い"というのは味の評価の面で、
こちらは刃の仕様はゼロ点調整でも変え様が無いので、
味の面で次のステップに進む上では、グラインダーの乗換えしかないと思います。
kr URL 2008/05/20(Tue)07:23:21 編集
Re:KG-100とRocky
>雨宮さん
お、グラインダー導入ですか!やっぱりチンバリクラスになるとコンパックやマッツァークラスが似合いますよね。

さて、"差"ですが、粗さ最大で検証してみたら粒子径のばらつきがRockyのほうが少なかったんですよ。
撮影しちゃうとよく分からなくなっちゃうぐらいだったんですが、やっぱり気になって。

>Krさん
やはり味の面ではもう一段階上に行くしか無いんですよね。
それを言い出すとrockyからもそのうち移行するかもしれませんが。

マルケニッヒとディッティング!家庭の領域を完全に超えますね・・・ていってもエスプレッソ関係では皆さん超えまくってますね(^_^;)
とと URL 2008/05/20(Tue)20:10:42 編集
こつこつ、しっかり、当たり前のことを
あまり、名前ばかりに踊らされず、
見掛けにばかり目がいくことなく、
しっかり、一番大事な基礎からコツコツと
やっていきたいです。

メーカ名や、道具にばかり目をやらず、
今何ができるか、何をすべきなのか、
そのためのプロセスは?
そうやってここ1年以上コツコツやって、
今年からは新たな試みによる仕組みも築き上げてきました。

プロの方は、ホントしっかりコツコツ
当たり前に、やっています。
簡単に家庭の域を超えることなんてできませんよ。
プロの方から見たら"ままごと"に過ぎないと思います。

グラインダーについても、しっかり考えて見ましょう。
何が大切か。書籍やネットの情報を鵜呑みにせず。
先週末の遠征でも、色々気づかされました。
しっかりやっていきます。
kr URL 2008/05/20(Tue)20:18:48 編集
四苦八苦
ととさん

どうもです。kenです。
mazzerのドサーレス、書いて頂いて光栄です。
私は、KG-100を購入後間もなく落下事故(TT)
使用感を試す事なく・・・
後継機のKG364Jは、今は使ってませんが満足でしたよ。
mazzerに変えてからは、豆の状態でメッシュの調整に
四苦八苦してます。
美味しく飲みたいので、必然の作業となってます。
バッチリ合った時は、たまらんです、はい!

ken URL 2008/05/21(Wed)18:05:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
とと
性別:
男性
最新コメント
[05/24 KENVAW]
[03/19 タオバオ日本]
[10/12 tiffany cufflinks]
[02/03 とと]
[02/01 芸者ハンター]
フリーエリア
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]