忍者ブログ
エスプレッソ・ラテアートを中心に、その他諸々。 のんびりマイペースにやってきます
[199]  [198]  [197]  [196]  [195]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

えー、表題の通りドラゴンボールの実写版映画を観てきたんですが……いくらなんでもひどすぎる。
壮絶なクオリティの低さ。過去最悪かも。
もうキーワードだけ聞いてイメージしたものを適当に映画にしてみましたって感じ。

友達五人で観にいったからそのあとはネタ話で盛り上がったからいいけどね(^_^;
そもそもそのために行ったんだし。

単純に映画としてもダメダメ。観る価値無しのネタ用です。
ネタバレ込みの感想は以下に。

追記
公開から一週間ぐらいなのに土曜の19時台の公開で観客は自分たちもいれて12~3人ぐらいという状況でした。
こりゃー長くはやらなそうだから観たいなら早めに観たほうがいいかも。


いやー、びっくりしたね。
想像をあまりに超えてひどすぎた。正直もうちょっと観れるものに仕上がってると思ってたけど、これはひどい。
真面目に書いてもしょうがないけど、こんなひどい作品もなかなかないのでせっかくだから真面目にもうちょっと書いてみよう。

何がひどいってまず映画としての出来がもうひどすぎる。
流れもあっさりしすぎててストーリーも作りこまれてないし、演技も下手。
説明が適当すぎてピッコロが何で復活したのか、マイはなんなのかよくわかんない、CGは中途半端で画面を暗めにして出来の悪さを誤魔化してる気がするetc…
表現方法も古すぎる。美女キャラに見とれて後ろに花畑が見えるっていつのマンガの手法だ。
つーか悟空とチチが不細工すぎる。
だいたい色仕掛けに弱い悟空ってどういうことだ。

ピッコロはシス、気はフォース、悟飯はヨーダってな感じでスターウォーズのパクリになってる。
クリーチャーとかはハリポタ入ってる気もするな。
気をなんでそのまま読むんだ。あんだけ不自然ならエナジーとかにしちゃえばいいのに。

かめはめ波うつシーンで悟空も一緒に飛んだのはピッコロ大魔王の最後のシーンを中途半端に混ぜた感じなのか?悟空の拳で貫通するヤツ。うつだけなら飛ぶ意味ないじゃん。

せめて原作しっかり読んでから作れよ…。
ストーリーが云々とかはともかくとして、原作もちゃんと読んでないのが丸分かり。
原作をちゃんと読んで作品のよさを自分なりに解釈してとかそういう部分が皆無。
知ってるキーワードからのイメージをつぎはぎしただけ。
原作どうのを差し引いてもまず映画としてまったくだめだというのがいただけない。
パクリも入りまくってるし、監督のプライドはないのかね。単にいやいや作っただけなのかもしれないけど。
せめて映画としてみることが出来るレベルだったらよかったのに。
映画としても、原作の映像化としても最低レベルでした。
井筒監督がダメ映画見て『くそや!』って言ってる気持ちが初めて分かった気がする。

よかったのは時間が短かったこと。
あのクオリティで2時間以上とか拷問だ。家だったら確実に途中でテレビ消してる。
意外と大猿は悪くないかな。中猿ぐらいのサイズだったけど。

最後の流れは続編の匂いを漂わせてたけど…まだやる気なんだろうか。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< aalto coffee HOME vanilla macaroon >>
プロフィール
HN:
とと
性別:
男性
最新コメント
[05/24 KENVAW]
[03/19 タオバオ日本]
[10/12 tiffany cufflinks]
[02/03 とと]
[02/01 芸者ハンター]
フリーエリア
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]