忍者ブログ
エスプレッソ・ラテアートを中心に、その他諸々。 のんびりマイペースにやってきます
[103]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

517KTAKN5BL._SS500_.jpg


























名優アルパチーノ、ジーンハックマンによるロードムービー。
五年ぶりに船乗り生活から家出して置いてきたデトロイトの家族のもとへ向かうライオン(アルパチーノ)と、服役生活を終え洗車屋をはじめる為、貯金のあるピッツバーグへ向かうマックス(ジーンハックマン)。
2人は意気投合し、共に洗車屋をはじめるためピッツバーグへヒッチハイクをしていく。
手癖が悪く喧嘩っ早いマックス、しかし徐々にライオンの「スケアクロウ=案山子」的な人を笑わせる生き方に影響されていく。

ロードムービーなんですが、あんまりロードムービーって印象ではないかな。
ラストもそうですが、生活の流れの一部を切り取ったような印象。

ラストシーンまで見るとなんだかそれまでの流れもすべて印象が変わって感じました。

一見の価値あり。
ではネタバレ込みは以下にて。

刑務所で人の食事の一部を盗ったり、寝てる人のタバコを勝手に吸ったり、手癖の悪いマックスがおもしろい。
なんか手癖が悪い人ってほんと当たり前に人のもの盗りますよね(笑)
ほんとに手癖が悪そうな感じが自然でいい。
手癖の悪いところは変わらないが、喧嘩っ早く、すぐに手を出していたのがマックスに魅かれ最後はけんかしそうなところでストリップまがいのことをしてみんなを笑わせる。
その変化していくところが非常に自然。
なるほど、厚着はこのネタの為なのね。

なによりアル・パチーノ。実はアル・パチーノ出演の映画ってほとんど見てないことに気づく。
スケアクロウ、道化的な生き方を演じるとどうしてもわざとらしくなったり、大袈裟になったりするんですが、違和感がない。
ジム・キャリーとかはその大げさな感じが味だったりするんですけども。

デトロイトで置き去りにした家族に電話するライオン、しかしすでに奥さんは再婚していて、子供は死んだと嘘をつかれる。
ショックのあまり電話を切り、マックスに無理に陽気に振舞うライオン。
刑務所を出ても肌身離さず持っていたプレゼントは車に置き去りにされるシーン、そして噴水で壊れていくライオン。
入院したライオンの治療費のためマックスは一人ピッツバーグへ・・・往復チケットを持って。
最後は余韻を残した終わり方でしたが、そこがまたいい。
後のことを想像してしまったり、それまでのシーンを振り返ったり・・・それまでのシーンも違って見える秀逸な終わらせ方でした。

いやー、振られ続けてなかなか借りられなかったけど、待ったかいがありました。
アル・パチーノといえば次はゴッドファーザーか!?

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
とと
性別:
男性
最新コメント
[05/24 KENVAW]
[03/19 タオバオ日本]
[10/12 tiffany cufflinks]
[02/03 とと]
[02/01 芸者ハンター]
フリーエリア
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]