忍者ブログ
エスプレッソ・ラテアートを中心に、その他諸々。 のんびりマイペースにやってきます
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

平日休みを利用して、熱いうちに鉄ぶっ叩いてきました。
と、いうわけで自転車かっ飛ばして行ってきました蒲田の南青山MAME'S 焙煎工房。

074fe087.JPG




















きれいな店なんですが街並みに合ってないような気がしないでもない。店頭にでている限定のケニアが気になる・・・
中の写真は撮り損ねましたが、ほんとに豆屋?ってくらいきれいです。
今まで行った焙煎してるところは割と素朴な店が多いので、ショーウィンドウに並んだ豆にチト違和感。
奥に焙煎工房がありまして、中から様子が覗けます。おー、焙煎してる、焙煎してる。
工房もきれいですし、店の雰囲気から素材を大事にしている感じが伝わりました。

以下は続きで

店員さんに主にエスプレッソで淹れてるんですが、シティー~フレンチぐらいでお勧めありますか?って聞いたら「うちは素材が活きるように焙煎してますので、シティとかいったようには焙煎してません」とのお言葉。あらつれない。てかせめてお勧めぐらい教えてけろ~。
しょうがないので、深めと言っていたフレンチブレンドを100g購入。
「フレンチ」は焙煎の度合いではないようで、グァテマラ、ブラジル、コロンビアの配合のようです・・・っていまHPみたら焙煎シティって書いてあるがなΣ(゚д゚lll)

ま、とりあえず無難なやつを一個選んであとは昔に今は亡き川崎の店で買っておいしかったエルサルバドル「サンタリタ」を200g購入。前のやつはサンタリタではなかったかな?

60963290jpeg




















あとはカップも購入!30ccラインもついてるし形状的にもほしいやつだったんで即決。わーい(・∀・)

で、包んでる間に店を見てたら店長か社長かわからないけどなにやら偉い人登場。

せっかくなんでちょっとセミナーについて聞くついでに話しかけてみると、まぁ話がうまい。
こっちの言いたいことをしっかり汲んだ上で話してくれるんで、話しやすかった。出来る人オーラむんむんでした。この方は「アイスブレンドとフレンチブレンド、あとはブラジルかな」とお勧めを教えてくれました。
こんどはアイスブレンド行ってみっかな。

んでついでにデバスタのポッドマシンの話を聞きつつ、ポッドの味見をさせていただきました。
あのマシンは挟み込むことによってほかのマシンのようにポッドにねじれを生じさせない、ポッドをはさむ圧力を変更できる(タンピング圧をかえるようなもんですかね)といった工夫がなされているそうです。へぇ~。

ポッドはブレンドのものとエチオピアの2つを味見。ん~やや抽出が長いような・・・
エチオピアはなるほど、これが紅茶のようなフレーバーか、と納得させるぐらい特徴が出ていました。俺がこないだ買ったやつではこんな感じにならなかったが・・・未熟ってことねorz
長いことルンゴやアメリカーノでいれてませんが、特徴つかむにはこういった飲み方した方がいいかもと再考。

ただやや過抽出気味なのもあってか、なんか舌にまとわりつくような感じがどうも好きになれませんでした。
このへんがポッドとかお手軽系の欠点かな。まぁ感じ方は人それぞれなんで僕だけかもしれませんが。
ついでに3月のセミナーも予約。普通は何人かのグループで行くようなんで、一人で行くのはドキドキです。


edf62579jpeg





















でこちらがフレンチブレンドのカップ。あ、黒槻さんの飽きるまでロゼッタを載せるシリーズ採用させていただきます!
とりあえず今月はロゼッタ強化月間で。ちなみわたくし、ほぼ毎日やってるくせにロゼッタの成功率低いっス(><)!練習練習!!

抽出はドーズアップなしの15g。時間ミスってEX15。
メッシュが今一歩のためか意外とコクと苦味が出なかったかな。
ほどよくフルーティな酸味とチョコレートっぽい感じに後から来る苦味。おぉ、なかなかウマス。
ラテは今一歩。甘味はいい感じだったんですけどね。泡もチト荒い。
もうちょっとメッシュやら調節したいけど、明日エスプレッソを始めたばっかの先輩夫婦の家に行くので残りは粉にして手土産代わりに。
教えてといわれましても、デロンギのマシン触れたことないんですが・・・誰かスチーミングと抽出のコツを教えてプリーズorz

おまけ
我が家の愛車rover君。デザイン重視で買ったんですが、性能的にもなかなか気に入ってます。
まぁところどころ問題はありますが、本格的なロードレーサではないんでしょうがない。
rober.JPG

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ん?
コメントボタン押したら記事が3倍位に・・・写真もいっぱい。

「続き」があるとは。

こちらのブログのリンク貼らせてもらいましたので。。。
ベストラップ 2008/02/24(Sun)20:49:13 編集
無題
>ベストラップさん
「続き」を使えるんで使ってみたんですが、やっぱり「つづきはこちら」の文字が小さいですねぇ。
分かりにくくてすいません。

いまいちテンプレートの修正がわからん。

リンクありがとうございます~。
とと 2008/02/24(Sun)23:13:14 編集
来て見ました♪
ととさんこんにちは。(^-^)
遊びに来て見ましたよ♪
ロゼッタ強化月間なんですねー
ととさんの淹れる珈琲飲んでみたいですね・・・
MASAKIラテ URL 2008/02/25(Mon)16:41:31 編集
無題
おぉ、何だか微妙に記事が長くなっている印象!素晴らしいですね。
焙煎度合いはお店によって表現が変わり、また言葉で簡単に言い表せない
微妙な工夫をされているようですので、
シティとかフルシティの度合いで聞いて、上記のような回答が返ってきた場合は、
私は「じゃあ、ハゼ具合ではどの程度まで焙かれていますか?」などと
お聞きするようにしています。

セミナーも色々面白そうですね。
取り扱いコーヒーのお話などお聞きできれば面白いかもしれませんね。
ロゼッタは豆の焙煎後の状態によっても、ガスの出方などが変わり、
描き易かったり、描き難かったりするので、出来不出来で豆の状態を確認する
といった様にされても、善いかなぁとおもいます。

> メッシュが今一歩のためか意外とコクと苦味が出なかったかな。
> ほどよくフルーティな酸味とチョコレートっぽい感じに後から来る苦味。おぉ、なかなかウマス。

このあたりを読ませていただくと、なかなか良さそうな抽出をされているのかなと伺えます。
「コクと苦味」という表現が微妙で、一歩間違えると味の捉え方としてマイナスの
味をそのように捉えてしまうので危険です。
「ほどよくフルーティな酸味とチョコレートっぽい感じに後から来る苦味」というのは
かなり良さそうな味の表現ですねー。
kr URL 2008/02/26(Tue)12:16:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
とと
性別:
男性
最新コメント
[05/24 KENVAW]
[03/19 タオバオ日本]
[10/12 tiffany cufflinks]
[02/03 とと]
[02/01 芸者ハンター]
フリーエリア
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]