忍者ブログ
エスプレッソ・ラテアートを中心に、その他諸々。 のんびりマイペースにやってきます
[301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


RIMG5166.JPG



















と、いうわけで輪行先は伊豆大島でした!
大島は高速ジェット船があるので竹芝桟橋から1時間45分でいけちゃいます。
8:00発で竹芝を出て、帰りは16:30大島発。
大体6時間半ぐらいの滞在時間ですね。

島は外周が52kmなんですが、ちょっと迂回しながらの実走で42km、おそらく大島一周道路で40kmぐらいじゃないでしょうか。

竹芝までは自転車で、ジェット船はシートベルト着用で、お外にも出れないんでおとなしく寝てました。
輪行袋は前日にも練習したので比較的すんなり。
友達のは後輪外さなくてもいいやつだったんでもっと楽そうでした。いいなぁ。
ちなみに友達のはGIOSのMIGNON。

RIMG5167.JPG



















フェリーはこんな感じー。日本人てなんてセンスが無いんだろうと思わせられる配色です。
天候は晴れ時々曇り、時々ゲリラ豪雨。
まぁ雨は一瞬でやむんだけど路面がぬれるから勘弁して欲しかった。

それでもほとんど晴れで、雨のおかげで気温も上がりきらなかったのでコンディションは良かったかな。
この日は岡田港から。元町港と二種類あって日によって港が違うみたい。基本的に発着は同じらしいけど。
輪行袋からだしてとっとと組み立て。やっぱり後輪の付け外しは手が汚れるからなんかグローブあったほうがいいね。

コースは時計回り。なんといっても左側通行で時計回りなら海側を走れるからね!
ちょっと坂を上っていくと周回道路に出るのでそこからスタート!・・・・・・なんだけどそこまでの坂も結構急なんだよね。
RIMG5172.JPG



















スタートからちょっと走ったところの橋。
RIMG5176.JPG



















絶景かな、絶景かな。
このあとちょっと走ると三原山付近に入るのでかなりのぼりがつづきます。
しかも自販機なんか無いので飲み物は岡田港でしっかりそろえておきましょう。
上り坂が続くあたりになると"2kmゆるいのぼり、がんばって"って看板があるんですが、2kmすぎて上れども上れども先が見えず。後で調べたら途中の桜株まで2kmだったらしい。
割と急なのぼり、緩やかな道、急なのぼりの繰り返し。
2kmだと思ってたんでこのあたりが最後かなー、と思って上ってもまだ坂があるときの絶望感はつらい。
この先一周する間こんな坂が続くのか・・・・・・とか思ったんですが、結局この周辺以外の道はそこまでのつらい箇所は無かった。よかったよかった。
 RIMG5177.JPG




















途中にあった土管。溶岩避難用?土下座してるんじゃなくて溶岩よけてるそうです。
この後は山をくだりつつ南の港を経由して元町、岡田港といったルート。
RIMG5180.JPG



















途中で有名な千波地層切断面が。
これ、わかりにくいですけど結構きれいな層になっていてバームクーヘンのよう。

元町につく頃にはヘロヘロでしたが、温泉でさっぱり出来ました。ま、岡田港までまた自転車なんですが。
お昼は元町港のおすし屋さん。残念ながら時化のため魚が入ってないんだって。
てなわけで名物べっこう寿司ならぬべっこう丼とてんぷら食ってきました。
RIMG5186.JPG



















べっこう寿司ってのは白身魚のづけでからしで味付けしてあるらしい。
しっかりつけられていて甘辛く、ちょっとピリッとしていてなかなかおいしい。
でもさくっとあがったてんぷらはもっとおいしかったり。

温泉でのんびりして岡田港へ。途中道間違えて空港まで行っちゃったのは秘密だ。
なんだかんだお土産買ってったらあっとゆうまに出発の時間。
ちなみにお土産はくさやね。

小さい島ですが自転車で回るにはちょうどよく、景色のよさも見所もあってなかなか楽しめました。
半日日帰りはちょっともったいなかったかもね。
ただ坂は正直結構きついっす。なめてかからないほうがいいかも。
友達もミニベロでギアがフロント1、リア8なんですが、2×9のボクのほうが登り道はぐいぐいいけたんで、初めてギアの枚数の多さに感謝しました。
東京から近いし、久里浜からもいけるのでお試しあれー。


さて途中1回大スリップかまして実は結構危ない目にあいました。
まぁ自業自得なんですが。

下りの開放感と上りでの消耗、あとはタイヤがぬれてたのもあるのかな。
路面は乾いていたんでスピードが出すぎててまずい、と思って減速しているところでした。
急なカーブで膨らんでそのままスリップ。あんまよく覚えてないけどブレーキ効きすぎたのか、タイヤがロックした感じもあったな。そこまで強く握った覚えは無いんだけど。

滑った先には側溝があったので、はまると自分も自転車もかなりやばいとおもって自分から吹っ飛ぶ⇒溝で腰を痛打⇒頭を打つって流れでした。あごをしっかり引いてたんで頭はぜんぜんなんとも無かったけど。
スノボでこけなれてて良かった。
正直吹っ飛んだ判断が正しかったかはわかんないけど、溝にはまってたら場合によってはその場でリタイアだったと思う。

減速して30km切ってたから良かったものの、40km出てたらほんと危なかった。
下り坂は危ないので気をつけて。連れは途中ランナーズハイみたいになって50km出してたし。

てなわけでみなさん事故には十分ご注意を。ヘルメットは大事だぜ。
ちなみに自転車は溝の手前でしっかり止まった上にノーダメージでした。よかったよかった。
本人は腰を打撲でまだ腫れが引きません。うぅ、痛いよう。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おー、楽しそうですね!
大島は高校時代から数えて3、4度行っているんですが、大学生の頃、一度だけMTBを島で借りて山を登ったことがあります〜。

ダウンヒルというか下りはものすごく楽しかったけど、確かにアレは危ないですよね!

…しかし、不幸中の幸いでしょうか、
大事に至らなくて何よりです。。^^;
養生して下さいね〜。
たなべ URL 2010/07/19(Mon)23:22:32 編集
無題
たなべさん、こんばんはー。

MTBなら大丈夫そうですね。
タイヤが細いリスクを思い知りました。

だいぶ治ってきてるんですが、一応自転車通勤自粛中。
せっかく晴れが続くんではやく走りたいんですけどね。
とと 2010/07/20(Tue)20:23:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< granite HOME 出発前夜 >>
プロフィール
HN:
とと
性別:
男性
最新コメント
[05/24 KENVAW]
[03/19 タオバオ日本]
[10/12 tiffany cufflinks]
[02/03 とと]
[02/01 芸者ハンター]
フリーエリア
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]