忍者ブログ
エスプレッソ・ラテアートを中心に、その他諸々。 のんびりマイペースにやってきます
[82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

biscotti_130608.JPG



















エスプレッソ、カプチーノのお茶請けといえばビスコッティ。またの名をカントゥッチョ。
bisは二度、cotで焼く。一度生地をまとまった状態で焼き、それを写真の形に切りわけさらに焼く。
二度焼きすることにより水分をしっかり飛ばすことになり、かなり硬くなります。
水分が少ないので湿気にさえ注意すれば比較的保存もききます。

今回のレシピはプレーンですが、チョコチップ+ココア+エスプレッソのチョコレートタイプ、オレンジゼストを加えたオレンジフレーバータイプなどバリエーションも楽しめます。黄な粉+大豆は大失敗でしたorz

biscotti_2_130608.JPG



















こんな感じにカプチーノに浸して頂きます(・∀・)
アーモンドの香りがたまらん!コーヒーに非常によく合います。最強コンビ。
ワインに浸すのもおいしいそうですよ。

del soleやスタバでも扱ってます。
スタバの昔のビスコッティはとっっってもおいしかったのに、いまはタイプが変わってしまって残念無念。
スタバにはホワイトチョコラテ、ジンジャーブレッドラテそしてこのエスプレッソをお供に勉強に励んだもんです・・・テスト前の一夜漬けとか(^_^;)
そういえばスタバ行かなくなったのもビスコッティが変わってからかも。
del soleは横山さんの本を見る限りバターを入れてるのかな。バターを使うとビスケットのようにぼろぼろしやすくなるので、僕は入れないタイプが好きだなぁ。焦げやすくなるし。

今でも理想は旧スタバタイプなのですが、何度やっても近づけないのでちょっと悩んでます。
むむむ・・・
ポイントは硬さと香ばしさ、そして適度な甘味。
一番硬いレシピで作ると前歯じゃむり。でもそのくらいがウマス。
混ぜすぎると密度が高くなるというか、ぎゅっと詰まって重たくなります。それじゃ硬くてもあんまりおいしくない。
ざっくり混ぜて、軽いけど硬い。それが一つの完成形。
レシピは以下続きで。

espresso_130608.JPG




















今回は珈琲屋めいぷるのブラジル セルトンで淹れました。
ナッツフレーバーで、シングルでもかなりグッド。
leverにしてから豆の特性が感じやすくなったかな。HX効果かそれともプラセボか(^_^;)
豆が2週間をすぎていい感じに熟したっていうのも一つの要因かな。
エチオピアもシトラスというよりも紅茶のようなイメージ。こちらもおいしいです。
二つをブレンドしたりしてみましたが、どっちつかずになってあえなく撃沈。
とか何とかやってる間にもう豆がなーい。
次はヴォアラnoエスプレッソとアイスコーヒーが届く予定。わほーい(・∀・)


薄力粉120g
ベーキングパウダー小さじ1/4
アーモンドプードル30g
アーモンドホール30g
全卵1個
卵黄1個
シナモンパウダー適量(1g弱?)
キビ砂糖もしくはグラニュー糖、粉砂糖など70g
オリーブオイル小さじ1

1.
アーモンドホールはフライパンで香ばしくなるまで乾煎りして水分を飛ばし、荒熱をとります。
オーブンは180℃に暖めておきます。20分程度しっかり予熱しておけばあけたときに温度が下がりにくくなります。
2.
卵と砂糖を泡だて器でしっかり混ぜあわて、オリーブオイルを加えてクリーム状になるよう練るべし練るべし。
3.
粉類をふるいいれ、ゴムベラで混ぜます。絶対に混ぜすぎないこと。
ある程度ざっくり混ぜたらアーモンドホールをいれて混ぜ、クッキングシートの上にかまぼこ状に成型します。
4.
お好みで溶いた卵黄(分量外)を塗ります。
予熱したオーブンにいれ、180℃30分。
5.
焼きあがったら1cm厚に切り分け、150℃で20分焼いて完成。

湿気に弱いのでこれからの時期は特に注意!出来ればバキュバンなどで保存するのが良いと思います。
個人的にはチョコレートタイプにするならマカダミアナッツにするのが良いかと。
ピーカンナッツ、胡桃などもおいしいとおもいますよ。

チョコレートタイプにするなら薄力粉100g+ココアパウダー20g。エスプレッソをリストレットで1shot。
このレシピだと硬さもほどほど。ちょっと甘いので、後はお好みで調節してください。
僕はさらに10gぐらい減らしてもいいと思いますけど。
元のレシピよりも砂糖は20g減らしてるんですけどね。元の量だと恐ろしい砂糖の量になります。
ただでさえ多いのに・・・
砂糖を減らした代わりにシナモンパウダーで甘味が強調されるようにしています。
オレンジゼストを入れる場合はグランマニエを加え、砂糖を減らしてはちみつを加えると良いかも。
こちらは紅茶向けな感じに仕上がります。

アーモンドパウダーは開封したらしっかり袋に口をして、さらにジッパー付きの袋に入れるなどしてしけらないようにしてから冷蔵庫保存。ビスコッティなら皮付きがお勧めです。

オリーブオイルを抜いてノンオイルでもOKです。
スタバタイプはバターとは違うざくざく感が良かったんですよねー。
誰かレシピ教えてー。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ビスコッティ
美味しそうなビスコッティですね!
ビスコッティの通販は、何時から始めるんですか?
お茶請け通販コーナー開設したら、連絡下さいね(笑)


ken URL 2008/06/15(Sun)08:53:57 編集
Re:ビスコッティ
お茶請け通販とな!?
面白いアイデアですね。
僕がやるとその内材料の使いまわしがばれて捕まりそうな予感…

結構量ができるので、食べきる前にしけっちゃうんですよねー。
いつかご馳走する機会でもあれば持って来ます♪
とと 2008/06/15(Sun)13:03:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
とと
性別:
男性
最新コメント
[05/24 KENVAW]
[03/19 タオバオ日本]
[10/12 tiffany cufflinks]
[02/03 とと]
[02/01 芸者ハンター]
フリーエリア
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
アクセス解析
忍者ブログ [PR]